ホメオパシー

ホメオパシーとは?

ホメオパシーは200年以上前にドイツで生まれ、現在まで多くの人に使われてきた優しく効果的な療法です。脈々と受け継がれ、アップデートされ、ブラッシュアップされ、現在に至ります。

日本語では「同種療法」と訳されております。原理は「症状を引き起こすものが、その症状を癒す」という考え方に基づきます。例えば、風邪を引いたときの咽頭炎で喉がイガイガするときに、健康な時に飲むとイガイガする生姜汁を飲むとスッキリするというイメージです。

ホメオパシーでは具体的には「Remedy:レメディ」と呼ばれる小さな砂糖玉を内服していただきますが、これには自然界に存在する多様なものからエネルギーを抽出したものを染み込ませてあり、その種類は5000種類以上に及びます。アナスタシアの世界観では「貴方に必要なものは、既にこの世に準備されている」はずですが、まだたった5000程度しかありません。だからこそ、あなたに「似たもの」で対応するのです。

エネルギー砂糖玉を非科学的であるとおっしゃる方がおられるのですが、200年以上の信頼できる事実のみを積み上げて系統化されており、これを科学と言います。現代医学で説明のできない事象も起こりえるのですが、それは「事実」として受け入れるだけでよろしいかと存じます。はい。

分からないからとイメージだけで非科学的であると口にしてはいけません。野球を全く知らない人から見た鈴木一郎さんは格好いい髭のおじさんに過ぎませんが、野球界ではスーパーヒーローです。これは、知っているか知らないかの違いに過ぎません。レメディのエネルギーについては量子力学的な学びをすれば、恐らく容易に理解できるでしょう。ただ、理解しようとする広い心と、受け入れてみようという素直な心は必要になります。

ホメオパシーを利用される方に、そこまでの理解は必要ありません。セッションでは、あなたにその症状を引き起こし、かつ内在するあなたの自然治癒力を引き出し得るレメディがきっと見つかるでしょう。それを探し出すために、2時間ほどのセッションであなたの抱える問題を一緒に追求していきます。

どんな人によいのでしょう?

妊婦さんや赤ちゃんからお年寄りまで、幅広い方にどなたでも利用できます。
病気の種類は基本的に問いません。

  • セルフケア:日常的な怪我や感冒、胃腸の不調、痛み、つわり、二日酔、不安、など
    *重大な事象には医療機関への相談が必要です。
  • セッション:ホメオパシーの専門科であるホメオパスとのセッションは、医療での受診に相当します。

セラピーについて

2018年3月にハーネマン・アカデミー of ホメオパシーを卒業いたしました。

お問い合わせ・ご予約はこちら

初診

ホメオパシー・セッション2時間ほどのセッションで、現状をさまざまな角度から伺います。
→分析にしばしのお時間をいただきます。
→治療方針(どんなレメディを使うか)を決定。
→レメディ(郵送可能)を使っていただき、様子を見ます。
◆料金:30,000円(初診~初回のレメディ服用〜その後の観察まで含みます)

再診

レメディを見直す必要がある場合に、改めてセッションを行い、初診同様に投薬・観察まで含みます。
◆料金:20,000円

セラピーを行なっている場所

  • ご自宅(交通費などは別途必要です)
  • 貸し会議室(費用は別途必要です)
  • 提携サロン
    • おさむら心療医院 コミュニティスペース
    • ホリスティックセラピーサロン「みちあかり」
    • 自然療法サロン”Mindful Mommy”

※提携サロンの場所詳細はこちらをご覧ください。

お問い合わせ・ご予約はこちらのフォームからお願いします。

世界の真実

日本においては“ニセ医療”の代表格のようになっているホメオパシーも、世界に目を向けますと様子がかなり違っています。私たちは本当のことを知らされていないのです。噂や報道や医師会の言うことを鵜呑みにせず、いろいろと知って欲しいと思います。現地の方から伺った海外のホメオパシー情報を少し載せますね。

英国ではエリザベス女王をはじめとする王室御用達の医療として利用されています。医療保険の適応もあり、補完医療(いわゆる代替医療;ホメオパシー含む)も医療機関から提供される国です(日本では混合診療となりおとがめを喰らう)。

オランダでは民間保険会社が代替医療に対してオプション設定をしています。鍼灸やアーユルベーダ、ホメオパシー、キネシオロジーなどをカバーしています。

イタリアやルーマニアでは医師免許がないとホメオパスになれません。

ドイツではホメオパシーが保険適用となっています。医師免許か自然医学療法師の資格がないとホメオパスになれません。2014年サッカーワールドカップで優勝したドイツでは、プロサッカーリーグにおいてチームドクターの92%がホメオパシー治療を行っています。

フランスではホメオパシーを国が認めており、保険適用されています。病気になると、まず西洋医学の医師にかかるか、ホメオパシーの医師にかかるかを決めます。薬剤出荷の1/3がホメオパシーのレメディです。

インドでは、アーユルベーダやホメオパシー、補完代替療法の省庁があって大臣がおります。

そして今、世界中で専門的に、そして自身の健康増進のためにホメオパシーを学ぶ人が着実に増えています。

日本ホメオパシー振興会