直傳靈氣(じきでんれいき)

直傳霊気とは

 一言で言うならば、手当です。どなたの手からも発せられているエネルギーを患部に当てて癒やす方法です。ぶつけたところに手を当ててさすったりするように、何気なく皆さんは靈氣をされているのです。

 学びますと、エネルギーを通りやすくしてもらい、いろいろな方法を伝授され、日々の鍛錬でその力を増し、直傳靈氣療法師となることができます。頑張れば、伝える側の「師範」にもなれます。

 直傳靈氣はとても身近なので、この手技を身につけたいという思いから習いました。その場で対応できるので、大変便利です。これを身につけたお母さん、お子さんが不調の時にとても役に立ちますので、身につけて損はないでしょう。日本で直に傳えられた靈氣も素敵です。

 正式名称は「心身改善臼井靈氣療法」。1922(大正11)年、肇祖・臼井甕男によって開発された、手当てによる癒しの技術であり、心身改善を目的とした手技です。肉体、精神の改善はもとより、悪癖の修正、遠隔による活用も可能です。戦前には100万人以上の実践者がいました(宗教ではありません)。

 現在、日本に伝わっている「レイキ」は、99.9%が西洋レイキです。靈氣ではなくて「Reiki」となった、いわゆる逆輸入されたものです。直傳靈氣は、昭和13年に海外レイキの祖林忠次郎直伝で霊気療法を学び、60年以上もの間、霊気療法を実践し、現在も施術・霊授を実施している日本生まれ・日本育ちの心身改善臼井霊気療法です。

 宇宙(太陽)からの靈氣(エネルギー)を取り次ぐ宇宙(太陽)からの靈氣療法(ヒーリング)を簡単に言いますと、宇宙(太陽)からの靈氣(エネルギー)を受け取り、施術者(ヒーラー)が自分の身体を通して増幅し患者に与える作業です。

 

直傳靈氣のホームページより転載(一部加筆)

直傳靈氣研究会事務局

〒600-8478 京都市下京区綾小路 油小路西入(有)信友堂内

TEL:075-343-0101 FAX:075-343-0064
Email:office@jikiden-reiki.com